導入後すぐ使えるように

医者聴診器

購入の際には使い方以外の確認も

様々な実験を行う研究に、患者と接する開業医等、様々な場面でマイクロスコープを導入する事例が今増えつつあります。通常の顕微鏡と違い、対象物をモニター越しに確認出来る、治療等に使う際患者に状態を見せやすい等のメリットが、そうした傾向を加速させているようです。そうした話を聞くと、自分たちも導入してみたいと感じた事業主の人もいるでしょうが、その前には確認しておきたい事があります。まずは、マイクロスコープのタイプ別の大まかな使い方です。一言でマイクロスコープと言っても、従来型の顕微鏡のような物からペン型、スマホに接続して使うタイプ等様々なものがあります。自分たちの使用目的と照らし合わせて、最も合うタイプを導入しましょう。次に、メーカーごとのPCとの接続方法も良く確認してください。同じタイプのマイクロスコープでも、初期設定の際の画面表示やオプション機能の使い方まで、様々な細かい違いがあります。また、メーカーごとの得意分野を知ってからメーカーを選ぶというのも大切な事です。メーカーによって、研究分野に強い所や衛生検査に強みを持つ所等、色々個性があります。そして、メーカーの技術的な事だけでなく、サポート体制等の部分も見て選択するというのも大事になります。適切な使用をしていたのに不具合が起きてしまった、交換部品が一般の流通では見つからない等の際にすぐに対応してくれる所であれば、安心して利用が出来るでしょう。多角的な角度で見て、どこからマイクロスコープを購入するか検討してください。

Copyright© 2019 免疫沈降反応によって抗原を検出する「免疫沈降」の概要や、用いる一次抗体や担体についても知りたい All Rights Reserved.