環境への貢献

医者と看護師

センサーによる抑制

BEMSは「ビルエネルギー管理システム」という意味があり、法人化したオフィス内環境とエネルギー性能の最適化を図る目的で導入されています。オフィスビルの照明・空調の制御をIT運転で行えるのが最大の特徴で、人・温度センサーと制御装置を組み合わせたBEMSは、家庭向けとなるHEMSとシステムは変わらず、CO2排出削減に貢献できることが謳われています。具体的には、熱源となる温度・湿度、人探知センサーが作動したり、中央監視制御装置や機器制御装置などが稼動します。例えば、各フロアの温度・湿度、人感知センサーが作動するならば、監視部にデータが送信されるシステムになっており、エネルギー使用状況を瞬時に分析したり需要予測を立てたりすることをします。空調・照明、こうした運転を制御するもので、監視部のみならず、管理部では予防保全、清掃などのメンテナンスを行うなど、効率性があげられます。照明制御というのは、使用されていないフロアやデッドスペースの消灯などを行います。いわゆる、消し忘れを人工的に行ってくれます。制御内容は、基本BEMSのみならず、拡張・高級・統合の分野があります。基本BEMSは、既存の監視部に環境情報や機器運転情報の機能を追加させるもので、エレベータやエスカレーターの管理機能も追加できるようになるでしょう。拡張は、防災防犯に調節制御の追加、高級BEMSともなれば防災制御が備わることになります。統合ともなれば、組み合わせ次第でオフィス街となるビル群の一括管理も担うことになります。

Copyright© 2019 免疫沈降反応によって抗原を検出する「免疫沈降」の概要や、用いる一次抗体や担体についても知りたい All Rights Reserved.